チタン製のネジ

歯医者

インプラント治療は、失われた歯を取り戻し、歯並びが崩れないようにするために行なわれます。インプラントという金属製の器具を歯の根っことして利用し、顎と歯による「ものを噛む」という働きを支えるのです。ものを噛む、ということに関連してもうひとつお話をするなら、上下の歯が合わさってものを噛む、いわゆる「噛み合わせ」というのは、脳の健康に関係していたりします。噛み合わせは、上下の顎の繋ぎ目の部分に響き、骨を伝い、脳に刺激を与えます。ひと噛みごとに与えられる刺激が、脳の働きを活性化させるひとつのきっかけになっていると、現在では見なされているのです。このことは、今このときにどうこう……ということではなく、将来のボケ防止にも繋がることだったりするわけです。さてそのインプラント治療。具体的にどのようなものかというと、ネジみたいな形をした人工歯根を歯茎に埋め込み、顎の骨と結合させるところから始まります。

インプラントという金属製の器具には、金属と骨とを結合させる成分が塗ってあります。これにより、時間をかけて歯根を人工的に定着させ、のちに「歯冠」という、私たちがふだん「歯」と呼んでいる、目に見える部分を形作った器具をかぶせるのです。金属を身体に入れるということでちょっとした抵抗を感じるひとがあるかもしれませんが、ここで使われている金属がチタンである、ということで、その心配はご無用、という感じになっています。