じっくり手術

医者と男の子

歯の抜けたところへ新しい歯を取り付ける。歯医者さんで行われるインプラント治療は、ある程度の時間をかけて行う歯科治療の中でも、息の長い部類に含まれるものと言えます。 ゆっくり、じっくりと新しい歯を身体になじませていく……というイメージで行われる治療なのです。最初に行われるのは、チタン製のネジを歯茎に入れ、顎の骨に埋め込む手術です。ドリルで穴を開け、しっかりとチタン製のネジを固定させ、さらに、ネジの表面に塗った成分が顎の骨との結合を固いものにするまでの期間を置きます。だいたい、三ヶ月から長い人で半年間をかけて、じっくりと人工歯根と顎の骨とが接着させてゆくのです。その期間中にふさがった歯茎をふたたび切り開き、人工歯冠と歯根とを繋げる手術の準備が、次に行われることになります。歯根の先を歯茎の外に出し、そのまわりの歯茎が回復したら、いよいよ人工歯冠をかぶせる手術が始まるわけです。

ネジをきっちりと締めることで結合を成功させたあと、場合によってはセメントを使ってさらにかたく結合させる、という手術も行います。これほど時間をかけるのは、やはり歯というものが歯冠と歯根、それぞれの役目をじゅうぶんに果たせるようにする、という目的があります。また、治療といっても本来は異物となるものを体内に取り込むわけですから、時間をかけるのも納得です。歯根があり、噛むことによって歯茎に刺激が伝わることで、歯茎もまた健康でいられるのです。